So-net無料ブログ作成

Bluetooth オーディオコントローラー [アクセサリー]

こんにちは、担当者 T です。

本日は、type U と同じく今日から販売開始されている Bluetooth オーディオコントローラー「VGP-BRM1」について軽くご紹介したいと思います。

フラッシュメモリータイプのウォークマンにも似た風貌をしているこの製品が「VGP-BRM1」(写真はホワイト)です。サイズもスティックタイプのウォークマンと同じくらい。本体右下にストラップホルダーがついており、ネックストラップで首から提げられるようになっています。
何ができるのか簡単におさらいしておきますと、type U(に限らず Bluetooth 機能を搭載した VAIO。対応機種の詳細は、VAIO ホームページ内「サポートからのお知らせ」参照)で再生された音声をワイヤレスで楽しむことができます。さらに、VAIO の SonicStage のワイヤレス操作もできるので、type U をまさに HDD タイプのウォークマンのように、しかもワイヤレスで使用できます。また、ヘッドホン端子を備え、音質やスタイルで自分の好きなヘッドホンを選べる、というのもポイントです。

本体正面に再生ボタン、停止ボタン、曲送り・戻しと音量+/-ボタンが備えられていて基本的な操作ができるほか、本体の左右に HOLD スイッチや OPR ボタン、リセットスイッチやグループ操作ボタン(type U プリインストールの SonicStage を Ver.4.0(SonicStage CP)にアップグレードすることでグループ(アルバムやプレイリスト)単位での操作が使用可能になります)もついています。

また、Bluetooth 接続時には本体上部側面の透明なリングがブルーに点滅するようになっています。これ、type U のキーボードバックライト同様、開発陣が「どうせ光らせるならきれいに光らせたい」ということで、蛍のように美しく点滅するような電気的工夫が凝らされています。これも、一度実物を見ていただきたいポイントです。

また、オーディオメーカーでもあるソニーとしては、音質にもこだわっています。
一般的に Bluetooth 方式のヘッドホンは、搭載するチップの特性により特有のノイズが乗りがち、と言われていますが、VGP-BRM1 では専用の DAC(D/A コンバーター)を搭載することで高音質を実現しています。
type U 本体のヘッドホンジャックに直接ヘッドホンを接続してももちろん音楽を楽しむことはできますが、VGP-BRM1 を使えば Bluetooth で音声をデジタルのまま飛ばして本体外でアナログに変換するため、PC 本体内のノイズの影響を受けず、より高音質で楽しんでいただけます。

Bluetooth ヘッドホンはここ最近選択肢が急速に広がってきていますが、接続するヘッドホンが自由に選択でき、コンパクトで音質やデザインにもこだわりのある VGP-BRM1 は、その中でもユニークな製品に仕上がっているのではないでしょうか。ワイヤレスで使いたいけどお仕着せのヘッドホンでは我慢できない、音にこだわる方には、特にオススメです。


2006-05-27 23:55  nice!(11)  トラックバック(8) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 11

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。