So-net無料ブログ作成
検索選択

type U の「ワンセグ」機能開発秘話 (2) [開発秘話]

こんにちは、担当者 T です。

本日も昨日に引き続き、「ワンセグ」機能にまつわる開発秘話をお届けします。

※ご注意:
製品を分解または改造すると保証対象外となります。お客様ご自身では絶対に分解しないでください。

おそらく本邦初公開でしょうか・・・こちらが<ゼロスピンドル>に搭載されている、ワンセグモジュール写真です。

本体の左下、電源コネクターの上あたりに、非常に小さな基板が内蔵されています。これが、type U のワンセグモジュールです。
基板上に実装しているチップ類は type T ワンセグ搭載モデルのものとほぼ同じながら、type U に搭載するために回路は type T のものよりも小型化しています。基本的に、回路や基板は大きい方がノイズを分散させやすいので、小さくすればするほどノイズ対策は大変になります。特に、type U では PC の中でも最大のノイズ源のひとつである CPU のごく近くにワンセグ基板を内蔵せざるを得ず(いずれにしても type U くらいの本体サイズでは、どこにどう配置しても CPU との距離は近いのですが)、ノイズ対策には非常に苦労しました。

前回、アンテナの感度を上げるための苦労話を書きましたが、実はアンテナの感度を上げるよりむしろノイズを減らすほうが重要かつ大変なのです。いくら良い状態で電波を受信できても、チューナーに届く前にノイズだらけになってしまったら意味がないですよね。というわけで、ワンセグ機能の開発はほぼノイズとの戦いだったりします。開発者曰く「設計工数の約 70% はノイズ対策」だったそうです。
アンテナの開発と同じく、いくらシミュレーションで良い値が出ていても、実機では想定外のノイズが入ってくるもの。ワンセグモジュール単体の開発時点から type U 本体への実装にかけて、開発が進むごとにむしろ感度が落ちており、そのたびにノイズ対策を施しています。対策をしては実機を組み直してデータを取り、を繰り返して最終的な製品にたどり着きましたが、その試行錯誤にかけた時間はかなりのものでした。ワンセグ自体がまだ始まったばかりのサービスなので、開発上のノウハウは開発しながら蓄積しなくてはならない、という側面もあったはずです。「ワンセグ」という新しい機能の開発というと非常に派手なイメージがありますが、その実際は非常に地道で泥くさい試行錯誤の繰り返しでした。

その甲斐あってか、type U <ゼロスピンドル>のワンセグ機能はかなり使い勝手の良いものになっています。ワンセグモジュールは本体に内蔵され、アンテナも収納時は HDD モデルと全く同じ本体サイズをキープしていますし、感度や画質も思った以上に実用的なものだと思います。

また、ワンセグ視聴・録画用のソフトウェア「VAIO モバイル TV」に関しても、「VAIO ならでは」の観点で要件を洗い出し、それをベースに開発されています。例えば PC では携帯電話などと比べてかなり画面サイズが大きく、解像度も高いため、それを活かすような形でソフトウェアとしてまとめました。
例えば、VAIO のワイド画面を活かし、「ながら視聴」ができるようにサイドバーモードをデフォルトの状態にしています。また、データ放送画面をスクロールせずに一覧できたり、テレビ画面・チャンネル一覧・データ放送の全てを一画面に表示できたりするのは、PC の高解像度ならではの特長でしょう。type U では全画面表示でも十分にきれいですし、さらに縦画面表示にも対応するなど、アプリケーションも機種ごとに最適な使いかたができるように工夫しています。
さらに、大容量のストレージを活かし、予約にも対応した録画機能や TV ポーズ/さかのぼり視聴機能など、他のワンセグ対応機器にはない、オンリーワンの使い勝手を実現できていると言って良いでしょう。また、ワンセグのサービス開始と近い時期に、ワンセグに適した type T・type U という機種が登場したことも、ただの偶然ではないのかもしれません。

この先も、ワンセグの可能性を広げる機器や機能の開発は継続されるはずです。それがどんな方向に広がっていくか・・・はまだ分かりませんが、まずは今できる限りを詰めこんだ type U <ゼロスピンドル>のワンセグを楽しみつつ、来るべきモバイルの未来に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。


2006-07-11 20:46  nice!(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 10

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。