So-net無料ブログ作成
検索選択

ACCUSYNC for VAIO [ソフトウェア]

こんにちは、担当者 T です。

type U を購入された方の blog や掲示板を拝見してみると、その使いかたは人によってかなりさまざまなようですね。ワンセグや動画をメインに使っている方、ポケットサイズの Web ビューワー的に使っている方、多くのデータを入れてメインマシン的に使っている方、とにかくいつもポケットに入れていろんなところで使っている方、などなど・・・。とりわけ、中でもそのサイズ感からか、PDA の代替あるいはノート PC と PDA の中間的な位置づけで使っている方が少なくないようです。
PDA 的な使いかたというと、やはりメインマシンが別にあって必要に応じてデータを持ちだして使う、という使いかたになってくると思います。Windows XP が入っているので特にデータ変換の必要がなく、単純にファイルコピーするだけで(対応するアプリケーションさえインストールされていれば)基本的には制限なくさまざまなファイルの読み書きができる、というのは PDA にはない type U ならではの特長だと思います。

では、面倒なメインマシンとのデータの同期はどのように行えば良いのでしょうか?それに対する答えとして、type U には同期ソフト「ACCUSYNC for VAIO」がバンドルされています。
※インストーラーでの提供となります。使用時には別途インストール作業が必要です。

type U の「スタート」メニューに「ACCUSYNC for VAIOのインストーラ」という項目が存在します。ここから type U に「ACCUSYNC for VAIO」をインストールするのですが、データの同期には母艦となる PC にも「ACCUSYNC for VAIO」をインストールする必要があります。詳細は「ACCUSYNC for VAIO インストールの手順」に記載されているので、こちらからメモリースティック Duo や USB メモリーPOCKETBIT など)にインストーラーをコピーし、母艦 PC にもインストールします。

インストールが完了したら、type U とメイン PC を接続して、双方で「ACCUSYNC for VAIO」を起動します。接続方法は LAN でも構いませんが、大容量のファイルコピーがある場合には i.LINK で直結してしまったほうが速いです。私もメインマシンとの同期には i.LINK を使用しています。
双方の「設定ウィザード」のチェックボックスをオンにしたら、一方の画面で「次へ」をクリックします。今回は type U 側のウィザードで設定を進めました。

設定ウィザードが PC の接続状態を確認して、「ACCUSYNC for VAIO」が設定可能なネットワーク上の PC を自動的に発見してくれます。ここで目的の PC が見つからない場合は、ネットワーク設定(特にファイアウォールソフトの設定)に問題がある場合が多いので、見直してみてください。
一覧に表示された PC から目的の PC 名を選択し、「次へ」をクリックします。

「相手のコンピュータ」(この場合はメインマシン)の設定ウィザードに 8 桁のパスワードが表示されるので、自分のコンピュータ(この場合は type U)のパスワードフィールドに同じものを入力します。これが正しければ、2 台の PC 間での通信設定が完了します。

初期設定が完了すると、自動的に「同期項目の追加ウィザード」が起動します(このウィザードは「ACCUSYNC for VAIO」のメイン画面から「項目の追加」ボタンをクリックすると、いつでも表示させることができます)。
「マイ ドキュメント」や特定のフォルダ、お気に入りのほか、ブラウザの Cookie や Microsoft Outlookの各種データ(アドレス帳、予定表、仕事、メモ、メール)の同期も可能です。スケジュールやアドレス帳の管理を Outlook で行っていれば、PDA のように type U を PIM(Personal Information Manager)端末としても活用することができますね。
※VGN-UX50 および VGN-UX90PS・UX90S <ゼロスピンドル>モデルには Microsoft Outlook はプリインストールされていません。VGN-UX90PS・UX90S HDD モデルでは Microsoft Office のプリインストールが選択可能です。

同期する項目の設定が完了したら、あとは「ACCUSYNC for VAIO」のメイン画面より「同期」ボタンをクリックするだけでメインマシンとの Sync がスタートします。同期の方向は 3 通り(双方向、相手側への送信のみ、相手側からの受信のみ)を設定することができるため、用途などによって使い分けることができます。個人的には、誤ってメインマシンのデータを上書きしてしまうのが怖いので、type U では基本的に「メインマシンのデータを持ちだすだけ」と割り切り、メインマシン→type U 方向への同期をデフォルトに設定しています。

メインマシンとのデータ同期は Windows のファイル共有、FTP、メモリースティック Duo などを経由してコピー、などいろいろ方法はありますが、前回との差分を検出して必要なものだけ同期してくれる「ACCUSYNC for VAIO」のような同期ソフトが最も簡単で速いと思います。i.LINK で直結すれば LAN を経由するより速いですし、メインマシンと type U のポートリプリケーターを常に i.LINK で接続しておいて毎日 Sync する、という使いかたが便利そうです。イメージとしては本当に PDA に近い間隔で使えるので、type U を PDA のようにビジネスに、プライベートに活用したい方は、ぜひお試しください。


2006-07-18 20:41  nice!(13)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 13

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。