So-net無料ブログ作成

type U で電子ブックを楽しむ [ソフトウェア]

こんにちは、担当者 T です。

type U のサイズ感はよく「文庫本サイズ」と言われていますが、単に本体サイズが文庫本とほぼ同サイズなだけでなく、実際に文庫本感覚で電子ブックによる読書を楽しむことができます。

type U で電子ブックを楽しむには、プリインストールされている「ebi.BookReader Version 3.0J」を使います。「ebi.BookReader Version 3.0J」は、電子書籍販売サイト「eBookJapan」が提供する電子ブックに対応したリーダーアプリで、「eBookJapan」が提供する 13,000 点以上のコンテンツの中から、好きな作品をダウンロード購入して楽しむことができます。

「eBookJapan」は主にコミックを中心とした書籍が充実しているため、電車の中などで type U を使って楽しむのに最適です。基本的にはコンテンツを購入する必要がありますが、紙媒体より安価に購入できますし、type U には約 20 タイトルの「立ち読み」(サンプル)作品がプリインストールされており、それぞれ数十ページを試し読みすることもできます。

「ebi.BookReader 3.0J」のメイン画面は上の画像のようになっています。この画面でコンテンツのダウンロードからライブラリーの管理までができるのですが、サンプルコンテンツは「立ち読み」書庫を選択すると読むことができます。
画面は現実の書庫をイメージして作られており、実際の書棚のように背表紙を並べて表示させることもできますが、タイトルや著者名、購入日などで並べ替えができ、リアルな書棚よりも利便性が高いのは電子書籍ならではでしょうね。

type U の画面でコミックを表示させるとこんな感じ。通常は見開きで表示されるのですが、type U の高精細な液晶を活かして拡大・縮小も自由にできます。
また、各ページの左右をクリック(もしくはタップ)することでページ送り/戻しができるので、スタイラスでページの端をタップしてページをめくる、という直感的な操作が可能なのも、type U のポイントだと思います。

また、type U は「文庫本サイズ」とはいっても、横位置で持って見開き表示にすると実際には各ページが文庫本サイズの半分以下になってしまい、コンテンツによっては若干見づらいこともあります。なので、ツールバーの左から 4 番目にあるボタンを何度かクリックすると、

このように、単ページで縦画面に表示させることができます。

こうすると、実際の画面サイズもかなり文庫本に近いサイズになりますし、type U の本体サイズもあいまって片手で持って読みやすい状態になるので、例えば電車の中でつり革につかまりながら読書、というのもやりやすいと思います。
type U 本体にも画面回転機能はついていますが、このように「ebi.BookReader Version 3.0J」に関しては、アプリケーションがもつ縦画面表示機能を使ったほうが良さそうです。

「ebi.BookReader Version 3.0J」には、このほかにもしおりや付箋など実際の本に近い感覚で操作できる機能がいろいろついています。また、プリインストール以外の「立ち読み」コンテンツもたくさん用意されているので、詳細はぜひ「eBookJapan」のサイトをご覧ください。

・・・・・・・・・・・・

さて、先日の対談企画でご登場いただいた「モノ・マガジン」さんによる type U 使用レポートが「V-VISION」にてスタートしました!

type U×モノ・マガジン

本日はたかみひろしさん、および対談させていただいた帆足編集長によるレポートが掲載されています。先日の対談でも話題に出ていた、沖縄に持って行った話にも軽く触れられているので、ぜひご一読ください。

・・・・・・・・・・・・

また、「VAIOでボーナス! ダブルチャンスキャンペーン」のご応募は本日 24:00 が締め切りとなっています。残り時間がかなり少ないですが、まだ応募していない方、「クイズでチャンス!」だけでも構いません!ぜひ応募してソニーポイントを狙ってみてください。
※本キャンペーンで投稿されたアイデアに関する一切の権利はソニー株式会社およびソニーマーケティング株式会社に帰属します。なお、VAIO ホームページや本 blog 上でご紹介する可能性があります。

ご応募はこちらから↓


2006-07-31 17:59  nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。